流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する会

着床前診断に寄せられたお声
着床前診断に寄せられたお声

着床前診断に関わる皆さまの思いをご紹介いたします。
最新のお声から掲載されております。こちらは無断転用禁止です。
掲載をご希望される方は、お問い合わせからお送りください。

  • 女性・41歳
    私達には流産するとわかっている受精卵を戻し続けている時間はないんです。(41歳治療歴3年です)
  • 女性・43歳
    始めての妊娠。現在7ヶ月。流産は精神的のみならず女性の肉体も傷つけます。
  • 女性・38歳
    流産を5回も繰り返して心身がボロボロな私にとって、着床前診断が最後の希望です。
  • 女性
    食事改善、仕事をセーブ、神頼み。何でもしました。それでも一度も陽性判定を見ることはありませんでした。
  • 女性
    PGSで授かった命ということを私はあなたに堂々と伝えます。どうしてもあなたに会いたかったということを。
  • 男性
    お子さんを望んでいる家庭に子どもが授かれば少子化なんてなくなります。
  • 女性
    着床前診断を受けなければ何度も流産を繰り返し子供を諦めたかもしれません。感謝で一杯です。
  • 女性
    始めからPGSを行えてれば、時間もお金も無駄にせず、もっと早くあなたに会えていたのに。
  • 女性
    3回移植して全て陰性。治療が終わった頃には貯金は底を尽き、年も一歳取っていました。
  • 男性
    着床前診断で授かった命を夫婦で一生かけて大切に育てていくことを誓います。

掲載をご希望される方は、お問い合わせからお送りください。