流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する会

お知らせ記事一覧
お知らせ記事一覧

妊活漫画「妊活、ナメてました」漫画家山猫スズメ先生のインタビュー記事をご紹介します

2018.08.08

漫画家 山猫スズメ先生が
デキる女子をサポートするアプリ&総合情報サイト
女子カレのインタビューをお受けになりました。
②③では着床前診断の話にもふれ、ご自身の経験を赤裸々に語っておられます。


「子供なんてみんな産んでいるのだからすぐできるはず」
「病院にかかったら、すんなり妊娠できるだろう」
そんな風に、「妊活を頑張れば妊娠できるだろう」と考えている人は多いでしょう。

コミックエッセイ『妊活、ナメてました。~37歳漫画家の子作り日記』を描かれた山猫スズメ先生も、本格的に妊活を開始するまでは、「妊活すればすぐに子供を授かるだろう」と楽観的に考えていた女性のひとり。
37歳で妊活を開始し、40歳になった現在も妊活を継続中です。


「妊活、ナメてました」40歳漫画家・山猫スズメ先生インタビュー①
「妊活、ナメてました」40歳漫画家・山猫スズメ先生インタビュー②
「妊活、ナメてました」40歳漫画家・山猫スズメ先生インタビュー③