流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する会

→
←
着床前診断(PGD)って、なに?
着床前診断は、妊娠が成立する前、つまり体外受精でできた受精卵を培養して子宮に戻してあげる前に、受精卵の染色体や遺伝子に異常がないかどうかを調べる医療技術です。
着床前診断(着床前染色体検査)を受けると、もともと染色体異常で着床できない受精卵、あるいは流産や死産となる運命の受精卵を見分けて、着床可能で妊娠継続可能な染色体をもつ受精卵だけを子宮に戻すことによって、体外受精の妊娠率を上げて、流産率を下げることが出来ます。
不妊症や習慣流産などでお悩みのカップルに新しい命を育んでいただくことを可能にする技術です。
詳細情報は着床前診断(PGD)についてのページをご覧ください。
私にも有効なの?
着床前診断は特に異常がないのにこれまで体外受精や習慣流産などで悩まれていた方、卵子の老化で不妊治療がなかなか成功しない方、あるいはご夫婦の染色体異常で流産を繰り返してきた方など不妊不育に悩む方に新しい命を育むお手伝いをすることができます。
着床前診断はなぜ私の病院、地域ではうけられないの?
日本産科婦人科学会が着床前診断に関する見解というものを作って 認めない方針であるためです。 詳細情報は「日本産科婦人科学会」のホームページの着床前診断に関する見解をご覧ください。
患者の会とは?
日本中どこに住んでいても自分の意思で着床前診断を受けられるという基本的人権を守るためには皆様の声を社会に届けることが重要です。そこで患者の会を立ち上げました。
全国の医療機関へ早急に着床前診断の技術を普及させること、また共通する悩みや不安を持った当事者同士が相談しあい、情報交換や支え合うことができることを目的とした会です。

入会する

はい、大丈夫です。どなたでも入会していただけます。 ぜひ、ご検討ください。

入会する