流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する会

会員さまブログ
会員さまブログ

「着床前診断の治療中の方や受診しようかお悩みの方のお役に立てるなら」とリンクのご承諾いただいた皆さまのブログです。ぜひご閲覧ください。
また、ブロガーさまの迷惑になるようないかなる行為も禁止致します。
当サイトに来れば着床前診断のリアルな体験が書かれたブログを見つけていただける場所にしたいと考えております。
ブログのリンクにご協力いただける方は、pgd-kai@ivf.jpまでご連絡ください。

ねこたさん家の妊活日記〜37歳低AMH妻と男性不妊夫 夢クリ⇨KLC⇨大谷へ〜
治療期間2年半(35〜37歳)治療費約700万円。低AMH、不育症、男性不妊夫婦の治療記録です。新橋夢クリニック→KLC→杉ウィメンズ、RCOでの着床不全と不育症の検査、大谷レディスクリニックにて着床前診断を実施、正常卵を移植、2017年出産。
44歳からの着床前診断
神戸ARTレディスクリニック(旧名: 大谷レディスクリニック)にて着床前診断をしている44歳。
(現在45歳) 絶対に妊娠・出産して我が子を育てます。
まんまるこがねの不妊治療記録
二人目不妊治療で大谷レディスクリニックへ遠方通院をした記録。
着床前診断と不育症対策を行い、妊娠、出産。
45歳着床前診断で出産しました
現在、育児と介護と老眼で…毎日過ごしています!リアルタイムな話ではありませんが、不妊治療のことを記録しておこうと思います。
豆粒のリウマチと顕微授精からの妊娠記録
33歳で関節リウマチ発症。33歳から不妊治療を始め、受精障害、着床不全、免疫異常、少しプロテインS欠乏症判明。36歳、6回目の胚盤胞移植により妊娠。妊娠15週まで血液凝固阻止剤オルガラン注射をし、現在、免疫制御剤プログラフ服用し、妊娠継続を願っています。