流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する会

着床前診断について
着床前診断について

着床前診断は流産を予防することのできる技術です。

女性の年れと染色体の異常を持つ胚盤胞の割合(米国のデータ)

結婚したら数年のうちに妊娠して、無事に赤ちゃんがうまれて家族が増えていく。多くの方々が無意識のうちにこの様な人生設計をされていると思います。 しかし、特に異常のない方の自然妊娠でも、出産に至るのは受精卵の約25%~30%にすぎません。残りの受精卵は、子宮に着床することができずに妊娠に至らないか、あるいは妊娠したとしても流産や死産となってしまいます。

これは、受精卵の多くに染色体異常が認められることが大きな要因です。実際に流産となった胎児の染色体を調べると、66%に染色体異常が認められます。さらに卵子の老化も大きな問題です。女性の年齢が高くなると、卵巣に残っている原始卵胞の数が減って元気がなくなると共に、卵子の染色体異常が増えてしまいます。これら染色体異常の受精卵のほとんどは着床すらしてくれず、もし着床してくれたとしても大部分は流産に終わってしまいます。そこで着床前診断が有効なのです。

ペンディング

着床前診断(PGD)は妊娠が成立する前、つまり体外受精でできた受精卵を培養して子宮に戻してあげる前に、受精卵の染色体や遺伝子に異常がないかどうかを調べる医療技術です。着床前診断(着床前染色体検査)を受けると、もともと染色体異常で着床できない受精卵、あるいは流産や死産となる運命の受精卵を見分けて、着床可能で妊娠継続可能な染色体を持つ受精卵だけを子宮に戻すことによって、体外受精の妊娠率を上げて、流産率を下げることが出来ます。

但し、着床前診断の精度は97%程度です。受精卵は本来多様な染色体情報を持った細胞からなるモザイクですし、検査技術上の限界もあり、100%ではありません。 また、流産の原因には染色体異常以外のものもあるので、着床前診断を受けても流産が起こる可能性は10%ほど残ります。

更に着床前診断を受ければ出産率が上がるという単純な話ではなく、加齢に伴い検査できる受精卵(胚盤胞)まで育たない、また検査出来ても染色体正常な受精卵が見つからず、母胎に戻せない可能性もあります。ただ、染色体正常な受精卵が見つかれば年齢に関係なく、移植した受精卵1個あたりの着床率をほぼ70%に保つことができます。

【当会では流産率を下げて着床率を上げる目的とする染色体の着床前診断を推進しており、遺伝子の着床前診断については推進、否定、いずれの立場も取っておりません。】