流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する会

お知らせ記事一覧
お知らせ記事一覧

男性

2018.03.29

子供を望む私たちの最後の砦。
名だたる病院の転院を繰り返したが、積み重なる失敗。
これでダメなら子供を諦めるかという想いをこめ、最後の砦であるpgsを始める。
年齢の障壁、卵の質、うまくいかない明確な理由がわからないし、誰も明らかにしない不妊治療。
始めのカウンセリングで道が拓ける。
うまくいかない理由の一つを、科学的に分析し、「なんとなく」ではなく、明確に理解し、把握できる唯一の手段。
金銭的、精神的、肉体的な負担を少しでも軽減するpgs。
私達はpgsのおかげで子供を授かることができました。
世の子供を欲しい全ての夫婦に、最後の砦としてではなく、分け隔てなくpgsが利用できる環境を望んでいます。