流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する会

お知らせ記事一覧
お知らせ記事一覧

ラジオ番組へ幹事とスペシャルサポーター計3名が出演 経験談や着床前診断の必要性を話す

2019.02

先日、東京都西東京市にあるFM西東京を訪問し、ラジオ番組の収録に参加してきました。
今回はその報告と感想です。

FM西東京では毎週日曜日の午前9:40~10:00に『妊活ラジオ~先端医療の気になるあれこれ~』と題して妊活に関する情報番組を放送しています。
こちらの番組に患者会の幹事3名とサポーター1名でお邪魔し、自身の経験や治療期間中の心境、患者としての要望や患者の会の紹介等をしてきました。

今回私が一番驚いたのが、妊活に特化したラジオ番組があるということです。
(筆者の私も長年不妊治療をしてきましたが、妊活に関する情報は専らネットか本から得るのみでした。)
妊活に関する新しい検査技術などは、ネットよりも検査機関やメーカーが提供している情報の方が、内容も新しく適切なものが多いと感じ、自分が治療を受ける際も検討に値すると感じました。

ちなみに、こちらの番組はアイジェノミクス・ジャパン様が提供しています。
※アイジェノミクス・ジャパン様について、詳しくは会報44号をご参照ください。

今回の収録では、アイジェノミクス・ジャパン様の代表のアンディさんと営業の大瀧さんの話が新鮮でした。
治療を受ける際、私たち患者は医師や培養士といった方の話を聞くことはあっても、実際の検査を行う検査機関の方の話を聞く機会というのはありません。
そのため、お二人が説明されていたERA(注1)等の説明はとても判りやすかったです。

また、海外の妊活と日本の現状の比較は、キャリアスクリーニングなど現在日本では行われていない治療にも言及されていて、興味深かったです。

今回の放送は私たち患者会とアンディさんの対談形式でしたが、過去には不妊治療に携わる医師や培養士の方との対談もあります。
また女性の不妊だけではなく男性不妊など幅広く題材として取り上げているようです。
興味のある過去の放送回を聴いてみても良いかもしれません。

(過去の放送は、番組ホームページ上のポッドキャストのリンクから聴く事が出来ます。)
http://842fm.west-tokyo.co.jp/fm842/podcast/ninkatsu/

今回会員の方からの声が最後時間が足りず読めませんでした。折角募集したのごめんなさい。
アイジェノミクス様もここまで時間が足りないのは想定外だったみたいで、3回分収録してもよかったなー、まぁ、また機会を設けてやってもいいですね、と仰ってました。
今回送ってくださった方にお詫び申し上げますとともに会のホームページの「想い」コンテンツに掲載させてもらいたいと考えていますのでまたご連絡させていただきます。

以上、ラジオ収録の報告でした。

ON AIRは2/17と2/24 の日曜日FM西東京 午前9:40~10:00です。皆さんどうぞ楽しみにしていてくださいね!

(注1)ERA(子宮内膜着床能検査):着床不全を防ぐために女性の子宮内膜の着床能の状態を評価する検査です。