流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する会

着床前診断について

アンケート①〜④のまとめ内で使用している略号等とアンケート解答に関する注意点

2-6 通常体外・顕微受精とPGT-A実施体外・顕微受精の比較(PGT-A実施体外・顕微受精治療で出産した47名の治療歴から)

2-5で紹介した「PGT-Aを実施した体外・顕微受精」による治療で赤ちゃんを1人以上出産された方のなかで、PGT-A実施治療へたどり着くまでに通常の体外・顕微受精による治療を経験された方が47名いらっしゃいました。
この項では上記の47名が行った2つの治療をまとめています。

”通常治療”の方が先に行われているため、”PGT-A実施治療”は年齢的に不利な状況で行われています。また、”PGT-A実施治療”では、おそらく全てが凍結胚盤胞の移植である一方、”通常治療”では新鮮胚や初期胚の移植なども含まれてきます。このように2つの治療は全く同じ条件ではないため直接の比較は難しいですが、経験者のリアルな治療歴を知ることができます。

  • sample
  • 平均して
    1.5年後

    sample
  • sample
  • 凍結胚盤胞の移植だけでなく、新鮮胚や初期胚の移植など様々な移植方法を含む。
  • 平均治療開始年齢は、24〜29歳は29歳とカウントして算出。
  • 採卵回数は0〜20以上の選択肢からの選択形式だったが、複数回経験者のみ選択肢設定ミスにより通常治療の採卵回数が0〜11以上、PGT-A実施治療の採卵回数が0〜10以上までとなっていた。平均採卵回数は無回答を除き、「20以上」は20回、「11以上」は11回、「10以上」は10回とカウントして算出。

通常、およびPGT-A 実施体外・顕微受精を始めた年齢

通常治療 PGT-A実施治療
25~29歳 3 3
30歳 1 0
31歳 0 0
32歳 1 1
33歳 1 1
34歳 0 0
35歳 7 1
36歳 1 2
37歳 5 4
38歳 9 4
39歳 4 5
40歳 6 6
41歳 7 11
42歳 1 6
43歳 1 2
44歳 0 1
無回答 0 0
回答者数 47名 47名
平均治療開始年齢 37.4 38.9

平均治療開始年齢は、24〜29歳は29歳とカウントして算出。

通常、およびPGT-A 実施体外・顕微受精を始めた年齢

通常、およびPGT-A 実施体外・顕微受精にかかった期間

期間 通常治療 PGT-A実施治療
6ヶ月以下 4 17
6ヶ月〜1年 8 14
1年〜1年6ヶ月 13 5
1年6ヶ月〜2年 8 2
2年〜2年6ヶ月 5 5
2年6ヶ月〜3年 4 1
3年〜3年6ヶ月 3 2
3年6ヶ月〜4年 0 1
4年〜4年6ヶ月 1 0
4年6ヶ月〜5年 0 0
5年〜5年6ヶ月 0 0
5年6ヶ月〜6年 1 0
6年〜6年6ヶ月 0 0
6年6ヶ月〜7年 0 0
無回答 0 0
通常、およびPGT-A 実施体外・顕微受精にかかった期間

通常、およびPGT-A 実施体外・顕微受精にかかった費用

金額 通常治療 PGT-A実施治療
100万円以下 6 7
100~200万円 19 12
200~300万円 13 8
300~400万円 5 11
400~500万円 2 2
500~600万円 0 1
600~700万円 1 0
700~800万円 0 3
800~900万円 1 1
900~1000万円 0 0
1000万円以上 0 2
わからない 0 0
無回答 0 0
通常、およびPGT-A 実施体外・顕微受精にかかった費用

通常、およびPGT-A 実施体外・顕微受精で行なった採卵回数

採卵回数 通常治療 PGT-A実施治療
0 0 0
1 12 18
2 13 7
3 7 6
4 1 7
5 7 1
6 5 0
7 0 0
8 0 0
9 0 1
10(10以上) 1 1(2)
11(11以上) (1) 1
12 0 0
13 0 3
回答者数 47名 47名
平均採卵回数 3.2回 3.7回

採卵回数は0〜20以上の選択肢からの選択形式だったが、複数回経験者のみ選択肢設定ミスにより通常治療の産卵回数が0〜11以上(1名)、PGT-A実施治療の採卵回数が0〜10以上(2名)までとなっていた。
平均採卵回数は 無回答を除き、「20以上」は20回、「11以上」は11回、「10以上」は10回とカウントして算出。

通常、およびPGT-A 実施体外・顕微受精で行なった採卵回数

PGT-A目的で行なった採卵で得られた胚盤胞の数

個数 回答数
1 0
2 3
3 1
4 1
5 2
6 3
7 7
8 3
9 2
10 5
11 2
12 0
13 3
14 0
15 1
16 2
17 2
18 1
19 1
20 1
21 0
22 2
23 0
24 1
25 0
26 0
27 0
28 1
29 0
30 0
31 0
32 0
33 0
34 0
35 0
36 0
37 0
38 1
39 0
40 1
: :
50以上 1
無回答 0
回答者数 47名
平均 12.9個

平均治療開始年齢は、24〜29歳は29歳とカウントして算出。

PGT-A目的で行なった採卵で得られた胚盤胞の数

PGT-Aを実施した胚盤胞の数

個数 回答数
1 1
2 0
3 0
4 0
5 2
6 0
7 0
8 1
9 0
10 0
11 0
12 0
13 0
14 0
15 0
16 1
17 0
18 0
19 1
20 0
21 0
22 1
23 0
24 0
25 0
26 0
27 0
28 2
29 0
30 0
31 0
32 0
33 0
34 0
35 0
36 0
37 0
38 0
39 0
40 0
: :
50以上 0
無回答 1
回答者数 46名
平均 10.4個

平均治療開始年齢は、24〜29歳は29歳とカウントして算出。

PGT-Aを実施した胚盤胞の数

通常、およびPGT-A 実施体外・顕微受精で行なった胚移植の回数

胚移植回数 通常治療 PGT-A実施治療
0 0 0
1 6 24
2 2 11
3 4 0
4 8 1
5 11 0
6 8 1
7 0 0
8 1 0
9 2 0
10 1 0
11 0 0
12 0 0
13 0 0
14 0 0
15 0 0
16 0 0
17 0 0
18 0 0
19 0 0
20以上 1 0
無回答 3 10
回答者数 44名 37名
平均移植回数 4.8回 1.5回
通常、およびPGT-A 実施体外・顕微受精で行なった胚移植の回数

PGT-A結果(1) PGT-A正常胚の数

個数 回答数
0個 2
1個 20
2個 15
3個 5
4個 2
5個以上 3
無回答 0
回答者数 47名
平均 1.9 個

平均個数は 無回答を除き、「5個以上」は5個とカウントして算出

PGT-A結果(2) PGT-Aモザイク胚の数

個数 回答数
0 個 11
1 個 10
2 個 6
3 個 5
4 個 1
5個以上 2
無回答 12
回答者数 35名
平均 1.5個

平均個数は 無回答を除き、「5個以上」は5個とカウントして算出

PGT-A結果(3) PGT-A不明胚の数

個数 回答数
0 個 15
1 個 1
2 個 0
3 個 2
4 個 0
5個以上 2
無回答 27
回答者数 20名
平均 0.9個

平均個数は 無回答を除き、「5個以上」は5個とカウントして算出

通常体外・顕微受精で生まれた子供の数

人数 回答数
0 37
1 6
2 1
無回答 3
回答者数 44名
平均人数 0.2人