流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する会

お知らせ記事一覧
お知らせ記事一覧

幹事と一緒にビラ配りをして下さる方を募集します。

2019.03.15


来月4月13日(土)日本産婦人科学会の学会講演が行われます。
当日、名古屋国際会議場 周辺にて
着床前診断の一日でも早い認可を求め、患者の想いを掲載したビラを学会関係者、医師に手配りします。

そこで、お願いがございます。
当日幹事と一緒にビラ配りをして下さる方を募集します。
ご夫婦 ご家族 ご友人とご参加も大歓迎です。


学会へは着床前診断の一周期でも早い認可を求めるため、患者会があることをアピールします。
日々の診療をしてくださっている医師には、
患者の辛い現状をストレートに伝え、理解を求めたいと思います。

現在学会は、着床前診断(PGT-A)の臨床研究を進めている最中ですので
友好的に、患者会も協力させてください。という姿勢でビラ配りをする方針です。

患者の想いを直接 医師や 学会関係者に伝えるチャンスです。
一枚でも多く配るため、一人でも多くの方のご協力が必要です。

小さい活動かもしれません。
ビラを配っても、明日明後日の認可は難しいです。
ビラも受け取ってもらえないかもしれません。

しかし、多くの患者が声を上げれば、患者会があることが認知され、
患者の声が届きやすくなります。

どうかお一人でも多く、ご参加くださいますよう、
ご協力よろしくお願いします。

つきましては、下記の詳細をご確認いただき
参加可能な方は3月20日までに必要事項を記載しご返信をお願いいたします。

参加に関して、不安な点、ご不明点がございましたら何でも
お気軽にお問合せください。


▼詳細▼

【日時】
2019年4月13日(土)

★配布時間
午前の部_8:00-10:30
正午の部_11:30-12:15
午後の部_18:00-19:00

全てにご参加いただかなくても大丈夫です。
また上記は、人通りが多い時間帯に設定しておりますが
上記以外の時間でも大歓迎ですので
参加できる方は、参加可能な時間帯をご連絡ください。
途中参加途中退場も大丈夫です。
 

【配布場所】
名古屋国際会議場周辺
(後日参加者に詳しくお伝えいたします)

  
【同伴者に関して】
お子様の同伴に関して、今回は初めてのビラ配布ですので
危険を考え、お子様連れはご遠慮お願いすることになりました。

しかしながら、子守りいただける方が同伴可能な場合や、抱っこ紐で抱きながら作業が
行える場合はご参加大歓迎です。

お子様以外にご一緒にご参加いただける(夫、友人など)がいらっしゃいましたら
大歓迎です。

【現状の参加者】
7~8名(内赤ちゃん連れ1名)参加予定です


参加可能な方は3月20日までに下記をご記入の上
ご返信ください
____________________
<参加表明>
私は4月13日のビラ配布に参加いたします。

①ご氏名:
ご住所:
お電話番号:

②参加可能な時間帯:午前の部/正午の部/午後の部/それ以外の時間帯


③同伴者がいる場合は、同伴者ご氏名:
 ※同伴者がお子様の場合、作業可能な状態をご説明ください
 例)同伴者が面倒をみてくれる、抱っこ紐で作業可能等

④その他 気になることがあれば記載お願いします

⑤ビラ配りに関して、何でもよいので何かご協力して頂ける事があればご提案お願い致します
____________________


【注意事項】

・現地までの交通費・飲食代等はご本人様ご負担となります

・ビラ配りの同日 4/13、14日18:00から「嵐」のコンサートがナゴヤドームで行われます
 名古屋駅周辺は非常に混雑が予想されます 

・当日マスコミが来て記事に取り上げてくださる可能性がございます
 会としては有難い事ですが、顔がでる可能性がござますので
 ご了承の上、ご参加お願いします(マスクや眼鏡など着用OK)


・ご参加いただいた際に発生したいかなる事故等に関して
 患者会では責任を負いかねますので、各自のご判断のもとご参加お願いいたします

他にご不明点がございましたらご連絡ください。


【参考資料】

・第71回日本産婦人科学会学術講演会
http://www.congre.co.jp/jsog2019/index.html

・名古屋国際会議場
https://www.nagoya-congress-center.jp/access/

・配布時間の設定理由
8:30より下記講演が予定されているため、その聴講者に向けて午前の部を設定しました。
午後の部は、夜は人通りの多くなる全講演終了時間帯に設定しております。

生涯研修プログラム7:産婦人科における遺伝診療
座長:杉浦 真弓 (名古屋市立大学)
着床前診断―そのポテンシャルと留意点
演者:末岡  浩 (慶應義塾大学)
以上

患者会 幹事一同