流産率の低下と着床率の向上を目的とする着床前診断を推進する会

着床前診断への思い
着床前診断への思い

着床前診断に関わる皆さまの思いをご紹介いたします。
最新のお声から掲載されております。こちらは無断転用禁止です。
掲載をご希望される方は、お問い合わせからお送りください。

  • 女性
    命の選別をしたいのではありません。生まれてくる命に出会いたいんです。
  • ご夫婦
    日本産婦人科学会には、日本のARTによる出産率の低さ(世界60か国中最下位)の改善に取り組んでほしい。
  • 男性
    毎回の陰性結果に泣く妻を見ていられません。着床前診断をするのが当たり前の世の中になりますように。
  • 女性
    着床前診断にもっと早く出会っていれば、6人の天使達を失わなかったかもしれない。
  • 男性
    毎回痛い思いをして高いお金をかけて結果陰性。着床前診断なしに卒院できる日は来ますか?
  • ご夫婦
    日本産婦人科学会には、着床前診断を必要とする沢山の患者の声を真剣に聞いてほしい。
  • 男性
    着床前診断は母体と新たな命を守るための必要な検査です。それでも確率は100%ではないのだから。
  • 女性
    世界で一番の不妊治療実施・出産率は最低な理由
  • 女性
    先進国の標準的検査である着床前診断を選択できない日本。
  • 男性・31歳
    次は着床前診断をします。陰性と流産を繰り返しこれ以上ない悲しみのどん底を経験しました。

掲載をご希望される方は、お問い合わせからお送りください。